Toshiyuki Sakuragi

Faculty

Selected Publication List

In English

(with Judith W. Fuller) Shape and function in Hmong classifier choices. Journal of Psycholinguistic Research, 42, 349-361 (2013).

Attitudes toward language study and cross-cultural attitudes in Japan. International Journal of Intercultural Relations, 32, 81-90 (2008).

The relationship between attitudes toward language study and cross-cultural attitudes.  International Journal of Intercultural Relations, 30, 19-31 (2006).

Association of culture with shyness among Japanese and American university students. Perceptual and Motor Skills, 98, 803-813 (2004).

(with Judith W. Fuller) Body-part metaphors: A cross-cultural survey of perception of translatability among Americans and Japanese. Journal of Psycholinguistic Research, 32, 381-395 (2003).

Doi Takako: a Japanese player of the western game of dialogue--Doi's speech of September 17, 1987. Howard Journal of Communications, 4, 105-117 (1992).

In Japanese

『映画で異文化体験 -- 異文化コミュニケーション講座』近代映画社(2013)

『はじめて学ぶ異文化コミュニケーション -- 多文化共生と平和構築に向けて』有斐閣(共著2013)

「線形モデル」「円環形モデル」「対人恐怖」「イメージ」「カテゴリー化」「認知地図」「ジェノサイド」「文化一般と文化特定」「主観文化と客観文化」「帰属理論」「危機事例」「差別用語」「地縁・血縁・社縁」「アパルトヘイト」「カースト制度」「アムネスティー・インターナショナル」「国境なき医師団」石井久米浅井伊藤久保田古家(編)『異文化コミュニケーション辞典』(p.13-14; p.14-15; p.65; p.96; pp.96-97; p.99-100; p.118; pp.150-151; p.167;pp.178-179; p.231; pp.279-280; p.385; pp.512-513; p.513; pp.553-554; pp.557-558) 春風社(2013)

「映画で異文化コミュニ ケーション体験(12)異文化適応」『英語教育』60(12), 60-62, 大修館書店(2012)

「映画で異文化コミュニケーション体験(11)文化変化」『英語教育』60(11), 60-62, 大修館書店(2012)

「映画で異文化コミュニケーション体験(10)宗教間対話」『英語教育』60(10), 60-62, 大修館書店(2012)

「映画で異文化コミュニケーション体験(9)共文化とアイデンティティ(その2)」『英語教育』60(9), 65-67, 大修館書店(2011)

「映画で異文化コミュニケーション体験(8)共文化とアイデンティティ(その1)」『英語教育』60(8), 60-62, 大修館書店(2011)

「映画で異文化コミュニケーション体験(7)カテゴリー化」『英語教育』60(7), 60-62, 大修館書店(2011)

「映画で異文化コミュニケーション体験(6)ステレオタイプ・偏見・差別」『英語教育』60(6), 60-62, 大修館書店(2011)

「映画で異文化コミュニケーション体験(5)文化的価値観(その2)」『英語教育』60(5), 60-62, 大修館書店(2011)

「映画で異文化コミュニケーション体験(4)文化的価値観(その1)」『英語教育』60(4), 60-62, 大修館書店(2011)

「映画で異文化コミュニケーション体験(3)コミュニケーションスタイル」『英語教育』60(3), 60-62, 大修館書店(2011)

「映画で異文化コミュニケーション体験(2)コミュニケーションスタイル(その1)」『英語教育』60(2), 64-66, 大修館書店(2011)

「映画で異文化コミュニケーション体験(1)異文化体験としての映画鑑賞のすすめ」 『英語教育』60(1), 64-66, 大修館書店(2011)

「生き残るための工夫を強いられる外国語学科」『英語教育』47(8), 5, 大修館書店(1998)

「異文化コミュニケーションの理論と研 究方法」 石井・久米・遠山・平井・松本・御堂岡(編)『異文化コミュニケーション・ハンドブック』(pp.34-41) 有斐閣(1997)

「カルチャー・アシミレーター」「クリティカルインシデント」「権力格 差」「高コンテキストと低コンテキスト」「個人主義と集団主義」「実験」「信頼性」「妥当性」「標本調査」石井・久米・遠山・平井・松本・御堂岡(編)『異文化コミュニケーション・ハンドブック』(p.226; p.231; pp.234-235; p.235; p.241; p.246-247; p.254; p.262; p.277) 有斐閣(1997)

「文化的価値観のコミュニケーション特性に対する影響」『異文化コミュニケーション研究』8, 75-106, 神田外語大学・異文化コミュニケーション研究所(1995)

Education

Ph.D., University of Minnesota


Courses Taught

Current

JPN-099 (Japanese Senior Thesis), JPN-102 (Japanese II), JPN-271 (Japanese Film), and JPN-271 (Japanese Film Lab)

Past
Synonym Title Times Taught Terms Taught
JPN-101Japanese I322013/FA, 2012/FA, 2011/FA, 2010/FA, 2009/FA, 2007/FA, 2006/FA, 2006/JN, 2005/FA, 2004/FA, 2004/JN, 2003/FA, 2003/SP, 2003/JN, 2002/FA, 2000/FA, 2000/JN, and 1999/FA
JPN-102Japanese II262013/SP, 2012/SP, 2011/SP, 2010/SP, 2008/SP, 2007/SP, 2006/SP, 2005/SP, 2004/SP, 2003/SP, 2001/SP, 2000/SP, and 1999/SP
JPN-202Interm Japanese II72008/SP, 2007/SP, 2006/SP, 2005/SP, 2001/SP, 2000/SP, and 1999/SP
JPN-201Interm Japanese I62007/FA, 2006/FA, 2005/FA, 2004/FA, 2000/FA, and 1999/FA
MLC-265Intercultural Film42013/FA, 2012/SP, 2011/SP, and 2010/SP
JPN-251Conversatn & Comp I42012/FA, 2011/FA, 2010/FA, and 2000/FA
JPN-099Japanese Senior Thesis42005/SP, 2004/SP, 2003/FA, and 2003/SP
JPN-252Conversatn & Comp II32012/FA, 2011/FA, and 1999/SP
FTS-100First Term Seminar22003/FA and 2002/FA
JPN-271Japanese Film12013/SP
JPN-271Japanese Film Lab12013/SP
MFL-360Lang, Culture & Comm12004/SP

Courses prior to Spring semester 1999 are not displayed.