Toshiyuki Sakuragi

Faculty

Professor in Modern Languages, Literature, and Cultures and Japanese, and Program Director in Japanese Studies

Selected Publication List

In English

(with Judith W. Fuller) Shape and function in Hmong classifier choices. Journal of Psycholinguistic Research, 42, 349-361 (2013).

Attitudes toward language study and cross-cultural attitudes in Japan. International Journal of Intercultural Relations, 32, 81-90 (2008).

The relationship between attitudes toward language study and cross-cultural attitudes.  International Journal of Intercultural Relations, 30, 19-31 (2006).

Association of culture with shyness among Japanese and American university students. Perceptual and Motor Skills, 98, 803-813 (2004).

(with Judith W. Fuller) Body-part metaphors: A cross-cultural survey of perception of translatability among Americans and Japanese. Journal of Psycholinguistic Research, 32, 381-395 (2003).

Doi Takako: a Japanese player of the western game of dialogue--Doi's speech of September 17, 1987. Howard Journal of Communications, 4, 105-117 (1992).

In Japanese

『映画で異文化体験 -- 異文化コミュニケーション講座』近代映画社(2013)

『はじめて学ぶ異文化コミュニケーション -- 多文化共生と平和構築に向けて』有斐閣(共著2013)

「線形モデル」「円環形モデル」「対人恐怖」「イメージ」「カテゴリー化」「認知地図」「ジェノサイド」「文化一般と文化特定」「主観文化と客観文化」「帰属理論」「危機事例」「差別用語」「地縁・血縁・社縁」「アパルトヘイト」「カースト制度」「アムネスティー・インターナショナル」「国境なき医師団」石井久米浅井伊藤久保田古家(編)『異文化コミュニケーション辞典』(p.13-14; p.14-15; p.65; p.96; pp.96-97; p.99-100; p.118; pp.150-151; p.167;pp.178-179; p.231; pp.279-280; p.385; pp.512-513; p.513; pp.553-554; pp.557-558) 春風社(2013)

「映画で異文化コミュニ ケーション体験(12)異文化適応」『英語教育』60(12), 60-62, 大修館書店(2012)

「映画で異文化コミュニケーション体験(11)文化変化」『英語教育』60(11), 60-62, 大修館書店(2012)

「映画で異文化コミュニケーション体験(10)宗教間対話」『英語教育』60(10), 60-62, 大修館書店(2012)

「映画で異文化コミュニケーション体験(9)共文化とアイデンティティ(その2)」『英語教育』60(9), 65-67, 大修館書店(2011)

「映画で異文化コミュニケーション体験(8)共文化とアイデンティティ(その1)」『英語教育』60(8), 60-62, 大修館書店(2011)

「映画で異文化コミュニケーション体験(7)カテゴリー化」『英語教育』60(7), 60-62, 大修館書店(2011)

「映画で異文化コミュニケーション体験(6)ステレオタイプ・偏見・差別」『英語教育』60(6), 60-62, 大修館書店(2011)

「映画で異文化コミュニケーション体験(5)文化的価値観(その2)」『英語教育』60(5), 60-62, 大修館書店(2011)

「映画で異文化コミュニケーション体験(4)文化的価値観(その1)」『英語教育』60(4), 60-62, 大修館書店(2011)

「映画で異文化コミュニケーション体験(3)コミュニケーションスタイル」『英語教育』60(3), 60-62, 大修館書店(2011)

「映画で異文化コミュニケーション体験(2)コミュニケーションスタイル(その1)」『英語教育』60(2), 64-66, 大修館書店(2011)

「映画で異文化コミュニケーション体験(1)異文化体験としての映画鑑賞のすすめ」『英語教育』60(1), 64-66, 大修館書店(2011)

「生き残るための工夫を強いられる外国語学科」『英語教育』47(8), 5, 大修館書店(1998)

「異文化コミュニケーションの理論と研 究方法」石井・久米・遠山・平井・松本・御堂岡(編)『異文化コミュニケーション・ハンドブック』(pp.34-41) 有斐閣(1997)

「カルチャー・アシミレーター」「クリティカルインシデント」「権力格 差」「高コンテキストと低コンテキスト」「個人主義と集団主義」「実験」「信頼性」「妥当性」「標本調査」石井・久米・遠山・平井・松本・御堂岡(編)『異文化コミュニケーション・ハンドブック』(p.226; p.231; pp.234-235; p.235; p.241; p.246-247; p.254; p.262; p.277) 有斐閣(1997)

「文化的価値観のコミュニケーション特性に対する影響」『異文化コミュニケーション研究』8, 75-106, 神田外語大学・異文化コミュニケーション研究所(1995)

Education

Ph.D., University of Minnesota


Courses Taught

Past
Synonym Title Times Taught Terms Taught
JPN-101Japanese I382017/FA, 2016/FA, 2014/FA, 2013/FA, 2012/FA, 2011/FA, 2010/FA, 2009/FA, 2007/FA, 2006/FA, 2006/JN, 2005/FA, 2004/FA, 2004/JN, 2003/FA, 2003/SP, 2003/JN, 2002/FA, 2000/FA, 2000/JN, and 1999/FA
JPN-102Japanese II342018/SP, 2017/SP, 2015/SP, 2014/SP, 2013/SP, 2012/SP, 2011/SP, 2010/SP, 2008/SP, 2007/SP, 2006/SP, 2005/SP, 2004/SP, 2003/SP, 2001/SP, 2000/SP, and 1999/SP
JPN-202Interm Japanese II82015/SP, 2008/SP, 2007/SP, 2006/SP, 2005/SP, 2001/SP, 2000/SP, and 1999/SP
JPN-201Interm Japanese I72014/FA, 2007/FA, 2006/FA, 2005/FA, 2004/FA, 2000/FA, and 1999/FA
MLC-265Intercultural Film52016/FA, 2013/FA, 2012/SP, 2011/SP, and 2010/SP
JPN-099Japanese Senior Thesis52014/SP, 2005/SP, 2004/SP, 2003/FA, and 2003/SP
JPN-251Conversatn & Comp I42012/FA, 2011/FA, 2010/FA, and 2000/FA
JPN-399Senior Thesis32018/SP, 2017/SP, and 2015/SP
JPN-145January in Japan32018/JN, 2017/JN, and 2016/JN
JPN-271Japanese Film Lab32017/FA, 2014/SP, and 2013/SP
JPN-271Japanese Film32017/FA, 2014/SP, and 2013/SP
JPN-252Conversatn & Comp II32012/FA, 2011/FA, and 1999/SP
FTS-100First Term Seminar22003/FA and 2002/FA
MFL-360Lang, Culture & Comm12004/SP

Courses prior to Spring semester 1999 are not displayed.